外国人労働者紹介事業部(推進プロジェクト)

現在、新卒及び中途採用の両サイドでの『人材不足問題』に頭を抱えている人事担当者の方も多いことでしょう。
弊社は、その解決方法のひとつとして、外国人労働者の活用を積極的にご提案したいと考えております。

弊社は、人材の質や教育に対する熱心さからベトナム人の人材活用に着目し、大手日本語学校を運営している企業と提携しております。建設系の大学を出ている者、CADなどの技術を身につけている者などに1年の日本語教育を行う事で、日本での活躍が期待できる人材に育て上げています。
2013年に在留資格を得たベトナム人留学生の数は1万1421人となり、前年から約4倍に拡大しました。
かつて日本が10年以上かかってやってきたことを、3年で達成するという今勢いのある国です。
日本の人事担当者が抱える問題を解決するべく常に新しいご提案をさせて頂きます。

求人票1件につき、日本の8倍の求職者を確保。

今後、外国人の労働者に関しても優秀な人材を取り合う形になる事が予想されます。特にベトナム人は、日本での就職を強く望む者が多く、求人票を出せは確実に日本の8倍は応募が来ます。
有料職業紹介は事前の面接も可能ですが、現地に行くことが難しい場合、テレビ電話などの機能を利用して面接を行うことが可能です。

外国人労働者紹介に関するフロー

外国人の労働者をご紹介する場合でも、日本で新卒を採用する流れ(履歴書を確認、面接、内定、就業)と大きな違いはありません。
面接もテレビ電話にて対応する企業様もありますので、必ずしも現地に面接官が訪問する必要はありません。

通常の場合

最速の場合

プロフィールドの安心フォロー体制

日本に入国後逃げてしまうケースを聞くことがございますが、その多くが相談相手がいない事による孤立が原因と言われております。弊社はベトナム語・英語の対応が出来る人材が在籍しており、必要であれば労働者への丁寧なヒアリングを行う事も可能です。

お問い合わせ先 (担当:渡邉)